Catch Plus

CatchPlusは暮らしの中で役立つ情報をお届けします。

オーガニック日焼け止めは何故人気なの?その効果とオススメ!

美容

毎年たくさんの新製品が発売されている日焼け止め。

その中でも、注目されているのが「オーガニック日焼け止め」です。

なぜオーガニックがいいのか?

普通の日焼け止めとどこが違うのか?

通常の日焼け止めについてはコチラ

知って得する日焼け対策!日焼け止めや日傘の正しい選び方

オススメ商品も合わせご紹介します。

日焼けのメカニズム

まず、どうして日光にあたると日焼けをしてしまうのかをご説明します。

人間の皮膚の奥下には、日光に反応して作られる「メラニン色素」という茶色い細胞があります。

このメラニン色素こそが、日焼けで肌が黒くなる原因なのです。

日光には、人体に有害な紫外線が含まれています。

紫外線は肌の奥まで届き、細胞のDNAを傷つけ、遺伝子を壊そうとしてきます。

すると皮膚の中で、紫外線を吸収して分解しようとメラニン色素が作られ、遺伝子を守ってくれるのです。

強い紫外線を浴びるほど、メラニン色素はたくさん作られます。

そうして茶色いメラニン色素が増えていくと、肌はだんだん黒くなっていき、日焼けをしてしまうのです。

またメラニン色素の量には個人差があります。

日焼けをしても肌が赤くなるだけの人や、真っ黒に焼けてしまう人がいるのはそのためです。

SPONSORED LINK

紫外線

紫外線は英語でultravioletと言い、UVと略されます。

太陽の光に含まれ、波長の長さによって3種類に分けられています。

紫外線A波(UVA)

3種類の紫外線の中で一番波長が長く、ゆっくりと肌に影響を与えています。

肌の奥まで届き、コラーゲンやエラスチンを壊し、シミやたるみの原因となります。

紫外線A波は曇りの日だけでなく、室内にいても窓ガラスを通り抜けるので、注意が必要です。

紫外線B波(UVB)

エネルギーがとても強く、肌の細胞を傷つけ、肌が赤く焼けて炎症します。

また、メラニン色素が色素沈着してしまい、シミやそばかすの原因になります。

外出した時に、日傘等を使って直射日光を避けるようにすると、紫外線B波のダメージを軽減できます。

紫外線C波(UVC)

皮膚がんなどの皮膚病の原因となる、最も危険な紫外線です。

本来はオゾン層に吸収され、地上には届かないはずのものでした。

しかしオゾン層の破壊が進み、徐々に危険度が増してきています。

日焼け止めとは、UVAとUVBをカットし、肌を守る為に使用するのです。

SPONSORED LINK

オーガニック日焼け止め

市販されている日焼け止めには、「紫外線吸収剤」が入っています。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して肌を守ってくれますが、紫外線吸収剤は肌への負担が大きく、逆に肌が荒れてしまう場合があるのです。

そのため、紫外線吸収剤の入っていないノンケミカルなオーガニック日焼け止めが凄く人気なのです。

では、いま巷で噂になっているオーガニック日焼け止めをご紹介いたします。

▼HANAオーガニック ウェアルーUV

http://www.hana-organic.jp/shop/0011.html

なんとこれ一本で、美容液・日焼け止め・化粧下地・ファンデーションとして使える優れもの!

塗った時の伸びが良く、白浮きもあまりせず、石けんや洗顔料でも落とせます。

天然成分100%、植物成分のオーガニック比率も98.5%と、安心してお肌に使えます。

▼ニールドヤードレメディーズ カモミール&アロエベラサンローション

http://www.cosme.net/product/product_id/10075868/top

この日焼け止めの最大の特徴は「ウォータープルーフ」という点。

海に行く時や、汗をかいてもなかなか塗り直しが出来ない方にオススメです。

塗ってすぐは白くなってしまいますが、なじませてあげると透明感に変わり化粧下地としても使えます。

SPONSORED LINK

▼MAMA BUTTER UVケアミスト

http://www.bxe.co.jp/mamabutter/

クリームタイプだけでなくスプレータイプのものもあり、用途に合った日焼け止めが選べます。

塗り心地は、ほどよくしっとりとしていて石けんで綺麗に落とせます。

お値段も控えめでお子さんと一緒に使いたいという方にオススメです。

日焼け止めまとめ

「ちょっとぐらい日焼けをしても大丈夫だろう」

なんて油断していると、メラニン色素がそのまま長い間残ってしまう事もあります。

毎日塗って紫外線から肌を守ってあげることが大切なのです。

また、日焼け止めの効果は塗ってから2~3時間と言われているので、長時間外出する時は塗り直しをお忘れなく!

オーガニック日焼け止めにも様々な種類があります。

どうぞ自分のお肌に合った日焼け止めを探してみてくださいね。

 - 美容・健康 , ,