Catch Plus

CatchPlusは暮らしの中で役立つ情報をお届けします。

紅葉狩りとは?その意味や由来、オススメスポットは何処?

紅葉01

秋になり涼しくなってくると、外に出るのが楽しくなります。

色鮮やかな紅葉を眺めるのも秋の楽しみの一つ。

日本の紅葉は世界でもトップクラスの美しさと言われています。

そんな秋の楽しみ、紅葉についてご紹介致します。

▼紅葉狩りの由来

狩りをする訳でもないのに、なぜ「紅葉狩り」と言うのだろう・・・

なんて疑問に思ったことはありませんか?

狩りとは本来、山や野原で獣や鳥を捕まえる、「狩猟」のことです。

元々は狩猟の意味でつかわれていたのですが、「ぶどう狩り」「きのこ狩り」のように、だんだん果物や植物を採るという意味でも使われるようになります。

そして平安時代には、狩りをしない貴族が草花を鑑賞するために外を出歩く様子を狩りにたとえ「紅葉狩り」「桜狩り」と言われるようになりました。

貴族の人々は、紅葉を見ながら歌を詠んで宴を楽しんだそうです。

江戸時代になると紅葉狩りは庶民にも伝わり、四季を楽しむ習慣として現代でも残っているのです。

SPONSORED LINK

紅葉の時期

明け方の気温が6〜7度になると、紅葉が始まります。

紅葉が始まってから20~25日目あたりが、一番の見頃のようです。

10月初旬から12月初旬に、北の北海道からだんだんと南の太平洋側に紅葉していきます。

ただ、その年の気象状況により紅葉の時期は違うので、ニュースなどで情報を集めましょう。

▼紅葉と黄葉

紅葉02

「紅葉狩り」といっても、色づくのは「もみじ」だけではありません。

一般的に、木々の葉が色鮮やかに染まる様「紅葉(コウヨウ)」といいます。

それとは別に、葉っぱが紅くなる「紅葉(コウヨウ)」と葉っぱが黄色くなる「黄葉(コウヨウ)」という言い方があります。

樹々は冬が近づくと、葉に栄養を送るのを止めてしまいます。

すると、いままで葉を緑色にしていた葉緑体が壊れ別の成分の色が目立つことで葉っぱが色鮮やかになっていくのです。

紅葉

葉っぱの中にあるアントシアンという成分が赤いため、葉が紅くなります。

他にもヤマボウシ、カエデ、ムシカリ、シラキ、スノキなどが紅葉していきます。

黄葉

葉っぱの中にあるカロチノイドという成分が黄色いため、葉が黄色くなります。

他にもイチョウ、ウリカエデ、カラマツ、サワシバ、コブシなどが黄葉していきます。

SPONSORED LINK

▼「もみじ」と「かえで」の違い

もみじかえでって同じ形をしているけれど、なにか違いはあるのでしょうか?

一般的には、葉の切れ込みが深くなっているものをもみじ。

葉の切れ込みが浅くなっているものをかえでと言っています。

ですが、実はもみじ科属の植物はこの世にはありません。

植物学的には「もみじ」と「かえで」はどちらも同じ植物なのです。

もみじとカエデは植物の種類は同じですが、言葉の由来が違います。

もみじ

「もみず」という葉の色がに変わっていくという意味の言葉に由来しているとされています。

時えを経て段々と「もみじ」と言われるようになり、特に色鮮やかになるカエデもみじと言うようになったのです。

カエデ

葉の形カエルの手に似ていることから「かえるで」と言われていたのが由来とされています。

▼美しい紅葉の条件

紅葉01

美しい紅葉を見るためには、いくつか条件があります。

この条件が揃っているかどうかで、同じ場所でも紅葉の仕方が毎年違うのです。

天候

葉を紅くする成分は、光合成によってつくられます。

なので、日中の天気がいいと葉が真っ赤色づきやすいのです。

昼と夜の温度差

昼だけでなく夜も暖かいと、日中作った成分がなくなってしまいます。

なので、昼と夜で温度差があったほうがいいのです。

湿度

乾燥しすぎてしまうと、葉が枯れてしまいます。

あまりに雨が降らなかったりすると、綺麗な紅葉は見られません。

山や川沿いは、この条件が揃いやすいので、綺麗な紅葉がみられるのです。

SPONSORED LINK

▼おすすめスポット

紅葉は日本各地で見ることができます。

[地方別]名所や時期

北海道・東北

北海道・東北の紅葉情報!時期や見ごろ、紅葉スポットは?

関東・甲信越

関東・甲信越の紅葉情報!時期や見ごろ、紅葉スポットは?

東海・北陸

東海・北陸の紅葉情報!時期や見ごろ、紅葉スポットは?

関西

関西の紅葉情報!時期や見ごろ、紅葉スポットは?

中国・四国

中国・四国の紅葉情報!時期や見ごろ、紅葉スポットは?

九州

九州の紅葉情報!時期や見ごろ、紅葉スポットは?

※見頃の時期はあくまで目安となっています。

その年の見頃の時期を確認して、紅葉を楽しんでください。

▼今回の記事のまとめ

世界の中でも、紅葉を楽しめる地域は限られています。

その中で日本は、国土の約7割が様々な種類の樹々で覆われています。

また紅葉をみる条件が揃いやすいので、いろいろな場所で紅葉を楽しむことができます。

日本の紅葉を海外から見に来る方もいるほどなのです。

毎年何気なく眺めている紅葉ですが、じっくりと時間をとって季節の美しさに触れてみてはいかがでしょうか?

 - イベント・行事 , ,