Catch Plus

CatchPlusは暮らしの中で役立つ情報をお届けします。

水の飲み過ぎ大丈夫?水で痩せるダイエット、効果や危険性

水の飲み過ぎ大丈夫?水で痩せるダイエット、効果や危険性

飲み物の中でも一番安く売られていて、自宅でもすぐに飲む事の出来る「お水」

その水を使って簡単にダイエットや健康管理ができるのです。用意するのはお水だけ!

しかし誰でも簡単に出来て、気軽にすることの出来る「水ダイエット」ですが、やり過ぎると逆に体に害が出てしまうことも・・・。

そこで今回は水ダイエットと飲み過ぎで起こる危険性についてご紹介します。

SPONSORED LINK

水ダイエットの効果

水を飲む

水ダイエットとは、一日1〜2リットルのお水を積極的に摂取するダイエット方法です。

人間の体の約60%は水分で出来ています。

その水分が足りていないと、体の器官が正しく働く事が出来なくなってしまう為、人間には必要不可欠なものなのです。

なくな

代謝が良くなる

特にダイエットで重要なのは、体の基礎代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくすることです。

お水を飲む事で一時的に体温が下がります。

すると体はエネルギーを消費して体温を上げようとします

この働きによって基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすくなるのです。

また、体温が一度上がると代謝が12%アップします!

お水を飲んで代謝を上げる事で、脂肪を燃焼しやすい体になりダイエットの効果があるのです。

 

血液・リンパの流れが良くなる

血液の約50%は水分です。

血液は老廃物や酵素、栄養素等を体の隅々まで運ぶ大事な役割を担っています。

しかし、血液の水分は新しい水分が入ってこないといつまでも同じ血液が体内を循環することになります。

すると血液がドロドロになり血管が詰まりやすくなってしまいます

また、リンパ腺は筋肉と静脈が正常に機能している事でリンパ液の流れが良くなります

なので、お水を飲む事で血液がサラサラになり血行がよくなり、それによってリンパの流れもよくなるのです。

血液やリンパの流れが良くなると、疲労感や冷え性が改善されて、体内の脂肪分解酵素の働きの低下を防ぎ太りにくい体になることが出来ます。

 

デトックス効果

デトックスとは体内の老廃物や毒素を排出する事。

例えば、便は老廃物が多く含まれているので便秘でいつまでも腸に溜め込んでしまうと肌が荒れたり口臭が臭くなってしまう事があります。

お水を飲んで便を柔らかくする事で排便がしやすくなり便秘の解消になるのです。

他にも尿や汗からも老廃物等は体外に排出されます。

水分が足りていないと尿や汗が出ず、老廃物がいつまでも体内に溜まってしまいます

水分を摂取して、尿や汗で老廃物の入った古い水分を排出することで体内に新鮮な水分が行き渡り、デトックスされ体の内側から綺麗になれます

 

むくみ解消

むくみは水分が足りていない事で起こります

水分が不足していると、細胞が水分を逃がさないように溜め込んでしまいます。

すると細胞が溜め込まれた水分により膨張して、体がむくんでしまうのです。

そうならない為にも、水を飲んで細胞から水分を排出させる必要があるのです。

むくみが解消されると、見た目がスッキリするので足などが細く見えるようになります。

 

美肌効果

お水をしっかり飲む事で、にきび・吹き出物・乾燥肌が改善され、肌の透明感が上がり潤いが増すと言われています。

にきびや吹き出物は老廃物、乾燥肌は水分不足が原因です。

水を飲んで体内をデトックスすることで原因となる老廃物がなくなりにきびや吹き出物が出来にくくなるのです。

乾燥肌は化粧水や乳液等の保湿では補えない体内の水分不足によるものなので、水分を摂って体内から潤いを与えてあげれば乾燥肌を解消することができます。

また、体の60%が水分な為、その水分が古く濁ったものだと肌もくすんで見えてしまいます。

なので、きれいな水をどんどん体内に入れていく事で、くすんだ肌が改善されて透明感がアップするのです。

SPONSORED LINK

水の飲み過ぎは危険?

悩み

一見、体に害のなさそうなお水ですが、過剰に摂取すると体調不良になってしまうだけでなく死亡してしまう危険性もあるのです。

水を一度に過剰に飲んだり、喉が乾いていないのに水を飲むことで体内のナトリウム(塩分)の濃度が下がり低ナトリウム症を発症してしまいます。

水の飲み過ぎにより、低ナトリウム症になることを「水中毒」と言います。

 

水を飲んで以下の症状が出たら水中毒の可能性があるので注意が必要です。

・吐き気、頭痛がする

・軽度の疲労感がある

・体が痙攣する

・呼吸がし辛くなる

 

体が水分を欲すると、脳から「喉が乾いている」と伝令が来て、水を飲みたくなる仕組みになっています。

しかし、一度に過剰に水を飲んでしまうと脳が混乱し、喉が乾いていなくても上限なく水を飲めるようになってしまいます

過去に7リットルの水をトイレを我慢して飲み続けた女性が水中毒となり亡くなってしまったケースがありました。

誤った水の飲み方をするのはそれだけ危険なことなのです。

 

水中毒を防ぐ為には

・一度に過剰に水を飲まない

・冷やした水でなく常温の水を飲む

・トイレを我慢して水分を溜め込まない

以上のことを守る必要があります。

 

特に夏場やスポーツをして汗をかいた後は、一度に水をがぶ飲みしてしまいがちです。

そういう時には、塩分(ナトリウム)を一緒に摂取してあげると体の脱水状態が緩和されて水を飲み過ぎなくなります

コップ一杯のお水に少しだけ塩を加えてみたり、市販のスポーツドリンクを薄めて糖濃度を下げてから塩を少し加えるのがオススメです。

 

水中毒を防ぐ正しい水の飲み方

では、どのように水を飲むのが健康にいいのでしょうか?

お水を上手に飲むコツは、適度な量とタイミングをおさえることです。

 

1日の水の摂取量

1日に摂取するべき水の適量は、体重の4%と言われています。

例えば、体重が45kgの人なら、

45000(自分の体重)×0.04(4%)=1800

つまり1日に1.8リットルの水が適量となります。

上記の計算式にご自身の体重を当てはめてぜひ適量を計算してみてください。

ただ、普段水をあまり飲んでいない方がいきなり水の量を増やすと水中毒の症状が出てしまうかもしれません。

そういった方は、毎日少しずつ水の量を増やして体に負担が掛からないようにしてあげましょう。

またあくまで適量の数字なので、負担が掛からないようでしたら多めに水を飲んでも大丈夫です。

 

水を飲むタイミング

水ダイエットで重要なのは、一度に水を飲むのではなく数回に分けて水を飲むことです。

コップ一杯(150ml〜200ml)の常温の水

起床後朝食前朝食後昼食前昼食後夕食前夕食後入浴前入浴後就寝前

の10回に分けてゆっくり飲みましょう。

SPONSORED LINK

分けて飲むとダイエット効果を上げることが出来ます。

・起床後…胃腸を刺激してお通じを促す

・食前…胃を膨らませて食べ過ぎ防止

・食後…消化しやすくする

・入浴前…入浴中汗をかきやすくなる

他にも、喉が乾いた時やスポーツをした後に更に水を飲んでも問題ありません。

またこの飲み方なら、水を1日に2リットル近く飲めないという方でも簡単に2リットル飲むことが出来ます

ただしキンキンに冷えた水は、体温が下がってしまい胃や腸の働きが悪くなってしまうので、出来るだけ常温の水白湯を飲むようにしてください。

 

水道水とミネラルウォーター

jyaguti

自宅で簡単に飲める水道水と、市販のミネラルウォーターの違いを知って自分に合った水の飲み方を探してみましょう。

水道水は危険?

水道水は塩素が入っていて危険」と思われている方もいると思います。

確かに水道水には殺菌の為に塩素が使われているので、自宅から出てくる水には残留塩素が含まれてカルキ臭くなってしまう場合があります。

しかし、水道水は水道法により水質基準が51項目あるのに対し、市販のミネラルウォーターは食品衛生法により水質基準が18項目しかありません。

実はより厳しく安全性を追求されているのは水道水の方なのです!

カルキ臭が気になる方は、汲んだ水を数時間放置するかレモン汁を数滴混ぜると臭いがとれます。

水道水を最も安全に美味しく飲む為には、浄水器を設置して塩素等を除去する事がオススメです。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは、嗜好品という扱いになるので水道水に比べて水質基準が甘くなっています

ミネラルウォーターを買うときは、水質検査が明記してあり安全性が分かるものを選ぶようにしましょう。

また、塩素が含まれていない分、菌が繁殖しやすいので1日で飲み切るようにしましょう。

 

今回の記事のまとめ

たかがお水と思いがちですが、様々なダイエットや健康効果がお水にはあったのですね。

たくさん飲む事でもっと効果が得られるんじゃないかと思ってしまいますが、水中毒になると命に関わるので、自分に合った量とペースで毎日水を飲むことが大切です。

コツを抑えて、健康的に水ダイエットを試してみてください。

 - 美容・健康 ,