Catch Plus

CatchPlusは暮らしの中で役立つ情報をお届けします。

やおきんさんのキャベツ太郎!名前の由来、カロリーは?

駄菓子屋

みんな大好きキャベツ太郎!

キャベツ太郎といえば、幼い頃から大変馴染み深い駄菓子の一つですね。

しかし実際に食べた事はあっても、そのカロリーや名前の由来については知らない方が殆どではないでしょうか?

そんな訳で今回は、とっても美味しいキャベツ太郎について掘り下げてみようかと思います。

キャベツ太郎とは?

疑問2昔から駄菓子屋などに置いてある駄菓子の一つ。

1981年に「株式会社やおきん」さんより販売されているスナック菓子です。

また販売は、やおきんさんですが製造は「株式会社菓道」になります。

トウモロコシを主原料に青のりをふるってあり、ソースで味付けをしています。

キャベツ太郎という名前ではありますが、主原料にキャベツの記載はございません。

パッケージに、アメリカンポリスのようなカエルのキャラクターが載っているのも特徴的ですね!

SPONSORED LINK

「キャベツ太郎」名前の由来

主原料に記載されていないのに何故キャベツ太郎という名前なのか・・・?

名前の由来には諸説あるようです。

・シンプルにスナック菓子の形がキャベツに似ていたためキャベツ太郎と名付けられた。

・青のりが付着して緑色になる事からキャベツが連想されたため。

・販売当初の昭和時代はキャベツにウスターソースをかけて食べる事が主流だったため、『ソース味のお菓子=キャベツ』という考えにより命名された。

などの由来があるそうです。

キャベツという部分に関しては納得がいきましたが、太郎という名前は何処からきたのでしょうか。

やおきんさんの商品には、〜さん太郎、〜太郎などと名付けられる事が多く、何かしらのこだわりがあるのだと思いますが謎は深まるばかりですね・・・。

カエルのキャラクター

キャベツ太郎について色々と調べてみると興味深い話を見つけました。

なんとパッケージに移っているカエルのキャラクターには設定があるようです。

・おまわりさん風のカエルのキャラクターは、キャベツ畑を見張っている。

・カエルのキャラクターに正式な名前や、由来、性別は特にない。

・カエルのキャラクターについての具現化はされていない。

何故見張っているのか? 何故カエルなのか?

これらについては不明なようです。

しかし設定がある事などから、愛されているキャラクターなんだなと感じますね。

キャベツ太郎のカロリーは?

SPONSORED LINK

キャベツ太郎は、ソースの味とサクサクのスナックがマッチして虜になるお菓子ですよね。

しかし気になるのはカロリーですよね・・・。

基本的にキャベツ太郎にカロリーの表記はありません。

しかし色々と調べてみると計算上のカロリーが判明しました。

駄菓子屋に30円で売っている小袋(14g)のもので約79kcalだそうです。

79÷14=約5.64

つまり1g=5.64kcalになります。

そこから計算をするとコンビニなどに約95円で売られている大袋(90g)約508kcalになります。

さらにカロリーだけでなく、塩分や脂質も多く含まれているため食べ過ぎは控えましょう。

今回のまとめ

幼い頃から駄菓子屋などで目にしてきたキャベツ太郎ですが、色々掘り下げてみると知らなかった由来などを知れて楽しいですね。

またキャベツ太郎の他にも、やおきんさんからは様々な商品が出ています。

SPONSORED LINK

代表的な物として『うまい棒』 こちらも爆発的なヒット商品で1日に約140万個、年間で約4億2000万個も売れているそうです。

他にも、ポテトフライシリーズコーンポタージュ味カレーなどの懐かしい駄菓子も販売されています。

個人的に大好きなブラックサンダーも、やおきんさんから発売されています!

また、やおきんさんより亀戸に展開されている、新感覚駄菓子屋「楽駄屋」

懐かしいものから最新の物まで、約500種類もの駄菓子が置かれているそうです。

http://www.sunstreet.co.jp/shop_guide/shops/index.php?serial=000140

子どもから大人まで楽しめるかと思いますので是非オススメです!

 - 料理・食べ物 , ,