Catch Plus

CatchPlusは暮らしの中で役立つ情報をお届けします。

部屋が汚いそんなアナタ!収納上手で綺麗な生活!

掃除

部屋の中で虫が飛んでる、足の踏み場が無い・・・

そんな生活は今日で終わりにしましょう。

「掃除したくても出来ないから部屋が汚いんだよな」なんて思ってる方も居るのでは?

そんな皆様に今回は、簡単に出来るお部屋の片付け方法を紹介していきます。

細かい掃除の仕方やオススメの洗剤、特殊な掃除法などについては今回は書きません。

掃除が苦手な人でも簡単にすぐ出来る、基本的な掃除のコツをお伝えします。

まずはじめに

全ての掃除を一日で終わらせようと考えない事です。

そもそも部屋が汚い人は、掃除が苦手で好きではない人です。

そんな好きでもない事を長時間やるのは苦痛でしかありません。

なので掃除をする際は、やる前に必ず範囲を決めておきましょう。

例えば今日は部屋の半分だけ!もっと細かく今日はテーブルまわりだけとかでいいのです。

最初に決めた範囲を終わらせるという事を心がけましょう。

掃除が終わり、まだやる気が続くようなら「じゃあTVのまわりもやるか」という風に少しずつやっていけばいいのです。

部屋をキレイにする為には

ゴミを捨てる

本日の掃除場所を決めたら、まず明らかにゴミと思われるものを捨てていきましょう

ゴミを捨てた後、一度見渡して見ましょう。

ここで重要なのは、まだまだ片付いてないと考えるのではなく最初に比べると綺麗になっている!と考えることです。

とにかく掃除をするというやる気が削がれないように自分を暗示していきましょう。

また普段の生活においてもゴミは、すぐに捨てるという習慣をつけましょう。

ゴミを放置してしまうと臭いがキツくなってきますし小バエなどがたかってしまいます。

衛生的にも良くないので、かならず処理してあげましょう。

SPONSORED LINK

必要なものを選ぶ

次に、必要なものを選んでいくのですが、ここで注意点

不要なものを選ぶのではなく必ず必要なものを選んでください。

不要なものを選んでいくと、もしかしたらこれはいつか使うかもしれない・・・

そう思うものが意外と多く出てきてしまい、何も捨てられないという状態に陥ります。

なので本当に必要なものだけをとりあえずその場に残しておいて、それ以外のものは勇気を持って捨てるなり売るなりして手放しましょう。

もし悩みに悩んだ末、これは普段使わないけど捨てられない!

そう思うものがあるのなら収納BOXかダンボールに入れて奥の方に閉まってください。

「もしかしたら必要かもしれない」と思うものは、大抵必要ではないと考えて良いでしょう。

 

収納スペースを考える

では本当に必要で普段からよく使うものはどうすればいいのか・・・

これは、きちんと全て収納する場所を決めてください

そうしないと部屋を片付けた後、その物を使ったときに「どこにあったんだっけ?」と考え、まぁいいかとそのまま放置されてしまいます。

その積み重ねでまた部屋が汚くなってしまうのです!

ですので、必ず全ての物に収納場所を決めてあげてください。

 

収納する場所の決まって無い駄目な例

駄目

テーブルの上のボールペン

「毎回使ったらテーブルの上って決めてるからいいじゃないか!」

そう思われるかも知れませんが、細々してるものがテーブルの上に何個かあると、テーブルの上を拭いたりする気も起きなくなります。

テーブルを動かしてテーブルの下を掃除する気にもなりません。

なのでボールペンやハサミなどの細かいものでも、ペンケースやコップなどにいれて整理してください。

SPONSORED LINK

キッチン周りの調味料

調理をする際に使う場合は、固定の位置や引き出しがあるかと思います。

しかし食事を取る時に、味付けが足りないと調味料を取りにいってそのままテーブルに・・・というのは駄目です。

これは次回、調理をする際に中々見つからず探す為に周りを散らかしてしまいます。

また折角綺麗にしたのに、見た目で散らかっているというのは勿体無いですし、維持するモチベーションが削がれてしまいます。

必ず使用したら元の位置に戻しましょう。

 

最後の仕上げ

 

物を整理したら、あとはキレイにするだけです。

ここで一旦周りを見渡してみてください。

余分なものが無くなっただけでも、スッキリとしてキレイになった気がしませんか?

ここまできたら最後の仕上げです!

窓やカーテンの枠など細かい所を雑巾で拭き取りましょう。

時間があれば壁なども雑巾で拭いてあげましょう。

(※紙壁紙等の場合は、濡れてない雑巾で優しく乾拭きしてあげましょう)

その後しっかりと掃除機をかけクイックルワイパーなどでホコリをとり、余裕があれば雑巾で床をキレイにしてあげて下さい。

カーペットの上などは、コロコロをしましょう。びっくりするほどゴミが取れます。

 

ここで注意点なのですが、必ず上から順番にやってください

床を先にやって綺麗にしても、後で上の方を掃除したときに必ずホコリなどが落ちてしまいます。

なので必ず上から下に掃除をする様にしましょう

SPONSORED LINK

汚いお部屋をキレイにまとめ

 

さて今回は、簡単にお部屋をキレイにする、ちょっとしたコツを紹介させて頂きました。

最後に私からのアドバイスなのですが、掃除はやはり習慣付けてあげるべきです。

「毎日こんなに掃除はしたくない!」大変だと思われる方もいるかもしれません。

ですが、実際に今片付けたお部屋を見てください。

明らかにゴミと思われるものは捨ててあり必要なもの不要なものは既に選択してあります

必要なものは決められた収納スペースにきっちりと仕舞ってありますよね

なので毎日習慣づけてやる事と言えば、仕上げのホコリをとったり、掃除機かけるだけなんです。

窓を拭いたりカーテン枠を綺麗にしたりという作業は、週に一回、もしくは半月に一回でいいのです。

こう考えると片付けは、毎日の習慣でやってしまったほうが楽だと思えてきませんか?

 

綺麗な空気の中で生活をして、普段の生活を充実させましょう!

またお金持ちは部屋が綺麗という噂があります。

お部屋を綺麗にする事で、運気が上がるなんて言葉も耳にします。

この言葉が少しでも皆さんのやる気に繋がればと思います。

 - ライフハック , ,