Catch Plus

CatchPlusは暮らしの中で役立つ情報をお届けします。

バレンタインデーの由来や起源!海外での反応は?

バレンタインデーの由来や起源!海外での反応は?

2月14日といえば、バレンタイン・デー

言わずと知れた女性から男性に愛の告白をする日です。

街全体もバレンタインムードになり、誰にチョコレートをあげよう、誰から貰えるんだろうと女性も男性もドキドキしますよね。

でもそもそもバレンタインはいつから始まって、何故チョコレートをあげるようになったのでしょう?

今回はバレンタインの由来や起源などをご紹介したいと思います。

 

バレンタインの起源

疑問2

 

バレンタインが愛を象徴する日となったきっかけは、はるか昔ローマ帝国までさかのぼります。

当時のローマ皇帝クラウディウス2世は、「恋人を故郷に残したまま兵士を戦場に行かせると、兵士の士気が下がってしまう」と思い、兵士が結婚することを禁止にしてしまいます。

そんな中、皇帝の命令に従わず恋人たちのなかを取り持っていた人物がいます。

キリスト教司祭のヴァレンティヌス(英名:バレンタイン)です。

信仰深かった彼は、愛し合う恋人達を密やかに結婚させてあげていました。

それを知った皇帝は激怒し、彼に信仰を捨てるように言いますが、ヴァレンティヌスはそれを聞き入れず、ついには捕まえられて処刑されてしまいます。

 

当時のローマでは、2月14日は結婚を守護する女神「ユーノー」を讃える日。

2月15日は、豊作を祈願し、若い男女の出会いの場にもなっていたルペルカリア祭の日でした。

ヴァレンティヌスはルペルカリア祭の生贄として、祭前日の2月14日に処刑されます。

 

それから約200年が経った時、ローマ法皇が彼の罪を許し、処刑された日聖ヴァレンティヌスの日としたのがバレンタインの始まりです。

 

ヴァレンティヌスが恋人たちの結婚の為に尽くしていたこと、処刑された日が結婚の女神ユーノーの日だったことがあり、2月14日は「愛を誓う日」としていまでも残っているのです。

その後、2月14日の聖ヴァレンティヌスの日に男性から女性へプレゼントを贈るという文化が始まったのです。

SPONSORED LINK

 

チョコレートとの関係

チョコ

日本では、バレンタインに女性から好きな男性にチョコレートを贈るというのが一般的です。

でもいつからバレンタインは日本で定着していって、何故チョコレートを贈るのようになったのでしょうか?

 

1936年(昭和11年)

神戸にあるロシア菓子などを扱う洋菓子メーカー「モロゾフ」がヨーロッパの習慣に従い、「お世話になった人へチョコレートをプレゼントしましょう」と宣伝したのが、日本で一番最初のバレンタインだと言われています。

しかし、戦前だった当時はまだ欧米文化に馴染みがなかった為、流行ることなく失敗に終わります。

 

1958年(昭和33年)

モロゾフの宣伝から20年後、日本の洋菓子メーカー「メリーチョコレート」がバレンタインデーでのチョコレート販売を新宿伊勢丹にて行いました。

ですがこちらも売上が思うように伸びず失敗します。

 

しかし、メリーチョコレートは諦めずに次の作戦を考えました。

今まではヨーロッパの、男性から女性にプレゼントを贈る習慣通り、男性を購買ターゲッにしてきました。

けれど男性がお菓子をなかなか購入してくれないので、デパートをよく利用する女性をターゲットにしてみるのはどうだろうかと考えたのです。

そして翌年から「女性から男性へチョコレートを贈りましょう」と宣伝を始めます。

 

当時は、女性の社会参加や選挙権の権利問題を巡る「ウーマンリブ運動」が盛んに行われており、女性の積極性が世間にアピールされていました。

そのこともあって、女性からアクションを起こしていい日とされたメリーチョコレートのバレンタインデーはヒットします。

 

その後、様々な製菓メーカーがバレンタインデーにチョコレートの販売を開始します。

その中で、さらに買い手を増やそうと、意中の男性以外へのプレゼントを推す広告が出され、義理チョコが誕生しました。

 

バレンタイデーが定着した頃、男性にもお菓子を買ってもらいたい製菓メーカーは、バレンタインデーのお返しをする日として「ホワイトデー」を提案します。

1984年頃には日本独自の文化としてホワイトデーも定着していきます。

 

このようして日本でのバレンタインデーは、女性から男性へチョコレートをプレゼントする日になっていったのです。

SPONSORED LINK


海外でのバレンタインデー

海外

バレンタインは世界各国で行われているイベントです。

日本では女性から男性にチョコレートをプレゼントしますが、海外ではどのような物をプレゼントしているのでしょうか?

 

アメリカ

男性から女性に愛の告白としてプレゼントを贈ったりお世話になっている人に感謝の気持を込めてプレゼントを贈る日

チョコレートよりも、お花やメッセージカード

恋人には宝石など高価なものを贈ることが多いそうです。

 

イタリア

カップルで楽しむ恋人の日

男性から女性に赤いバラの花の花束を贈るのが一般的。

イタリアでは、2月15日がシングルの日となっていて、恋人のいない人たちが集まって出会いを求める日になっているそうです。

 

イギリス

Be my Valentine.(私の恋人になってください)」などのメッセージを書いたカードと一緒に男性から女性にプレゼントを贈ります。

カードには差出人の名前は書かず、匿名で愛を語るのがイギリス流

誰から貰えたのかわからないドキドキ感を楽しむようです。

 

韓国

日本と同じく女性から好きな男性にチョコレートを贈ります。

大きなバスケットにチョコレートぬいぐるみを入れて、本命の人に渡すようです。

また韓国では、4月14日「ブラックデー」という日が存在します。

バレンタインデーにチョコレートをもらえなかった男性が、黒い服を着てジャージャー麺を食べて慰め合う日なのです。

 

海外では「義理チョコ」という概念がなく、恋人や親しい人にしかプレゼントを贈りません。

なので、日本人の上司にチョコレートを贈るなどのバレンタインの習慣は不思議に思われるようです。

国によってバレンタインの過ごし方は様々ですね。

SPONSORED LINK

 

今回の記事のまとめ

近年では本命チョコよりも、義理チョコや友チョコばかりが流行っています。

しかし、元はといえば男性から女性へ愛の告白をする日なのです。

文化等にとらわれず、本当に大切に思う人に日頃の思いを込めてプレゼントを用意してみてはいかがでしょうか?

 - イベント・行事 , ,