Catch Plus

CatchPlusは暮らしの中で役立つ情報をお届けします。

紫外線アレルギーは誰でも発症する!症状と対策のご紹介

日よけ

皆さんは「紫外線アレルギー」というものをご存知ですか?

「紫外線アレルギー」は、「日光過敏症」「日光性皮膚炎」とも言われています。

自分はアレルギーとは無縁だと思われる方多いと思います。

しかしアレルギーとは、いつ発症するか分からないものなのです。

紫外線アレルギーは重度のものだと私生活にも影響がでてしまうため、決して油断してはいけません。

今回は、紫外線アレルギーについて詳しく書いていきたいと思います。

▼紫外線アレルギーとは?

そもそも何故紫外線アレルギーを発症してしまうのか。

その仕組みを簡単にご説明いたします。

SPONSORED LINK

人間の身体に、紫外線を受け入れるためのコップがあるとします。

このコップに、日頃浴びている紫外線が少しずつ溜まっていき、入りきらなくなって溢れてしまうと紫外線アレルギーを発症してしまうのです。

このコップの大きさは人によって違うため、アレルギーになる人とならない人がいるのです。

このコップがいつ限界を迎えてしまうかはわかりません

つまり、誰でも突然アレルギーを発症してしまう可能性があるのです。

▼紫外線アレルギーの症状

医者02

軽度の紫外線アレルギーの場合

・肌に湿疹ができる。

・肌が赤く腫れ上がる。

・浮膿や水ぶくれができる。

重度の紫外線アレルギーの場合

・目が痒くなる。

・頭痛・吐き気を伴う。

・肌が火傷したようにただれてしまう。

日焼けと違い、肌に蕁麻疹などのぶつぶつができるのが特徴です。

「もしかしたら紫外線アレルギーかもしれない・・・」

そう思われたら、大学病院など大きな病院の皮膚科で、「光線過敏症テスト」という検査を受けて、調べてもらいましょう。

▼紫外線アレルギーの原因

服用している薬や、使用している化粧品の成分が原因で紫外線アレルギーになってしまうことがあります。

これらが紫外線を吸収して肌にダメージを与える光毒性を発揮してしまうのです。

薬を飲んだ後や日焼け止めを塗った後は、少しの紫外線を浴びただけで発症してしまう事もあるのです。

また、普段あまり日光にあたらない方や、白血球が少ないとされている女性の方が紫外線アレルギーになりやすいと言われています。

他にも、レモンやオレンジなどに含まれる「ソラレン」にも光毒性があります。

食べたり飲んだりして体内にいれるのに害はないのですが、食べてから2時間ほどはあまり紫外線を浴びないほうがいいと言われています。

美容のためとレモンパックを顔にしてしまうと、レモンを置いていた場所にシミができてしまうので注意が必要です。

▼対策と予防

医者

紫外線アレルギーは一度なってしまうと完治するのは難しい病気です。

なるべく普段から日傘・UVカット加工されている日焼け止めを使用したり、

UVカット加工されている服を着るようにして紫外線を避けるようにしましょう。

SPONSORED LINK

日焼け対策についてコチラ

知って得する日焼け対策!日焼け止めや日傘の正しい選び方

また肌への負担が気になるという方はコチラも合わせてお読みください。

オーガニック日焼け止めは何故人気なの?その効果とオススメ!

 

紫外線アレルギーになってしまった場合

季節に関係なく長袖の服を着て、手袋や帽子を着用し、日焼け止めをしっかり塗って徹底的に紫外線から身を守る必要があります。

また、紫外線は目にも影響をあたえるのでサングラスの着用も必須になります。

紫外線は、家の窓ガラスも通り抜けるので、外出していないからと油断してはいけません。

最近では、UVカット加工されたカーテンが販売されているので、重度の紫外線アレルギーの方は、日中でもカーテンを閉めるようにした方がいいでしょう。

窓ガラス用の紫外線カットフィルムを窓に貼るのも効果的です。

病院での治療法

サプリメント

病院で診察してもらった場合、ステロイド系の薬を処方されることがあります。

かゆみは引くのですが、ステロイド系には副作用があります。

SPONSORED LINK

なのであまりステロイド系の薬を使いたくないという方は、湿疹がでた肌をボディーローションで保湿してあげたり、冷やしたタオルなどをあててあげると、かゆみが少し和らぎます。

▼今回の記事のまとめ

紫外線アレルギーになって、紫外線を浴びると夜も寝れないくらい身体が痒くなることもあります。

「ちょっとした買い物だから・・・」

「ちょっと洗濯物を干すだけだから・・・」

なんて油断をすると大変な目にあってしまうのです。

また連日の猛暑のため、紫外線アレルギーに発症する人がかなり増えてきています

私は大丈夫なんて事はありません。

一度なってしまうとなかなか治らないからこそ毎日予防をするように心がけることが大切です。

 - 美容・健康 , ,