Catch Plus

CatchPlusは暮らしの中で役立つ情報をお届けします。

とっても危険!?赤ちゃんの脱水症状とそのサイン!

赤ちゃん

夏は暑い日が続き、外を歩くだけでなく家にいるだけでも大量の汗をかいてしまいます。

そこで注意していただきたいのは脱水症状です。

毎年、この季節は脱水症状により炎天下にさらされ多くの命が危険にさらされています。

なので今回は脱水による症状や対、また赤ちゃんの脱水症状についてご紹介をさせていただきます。

SPONSORED LINK

脱水症状とは?

医者

そもそも脱水症状とはどんなものなのか。

脱水症状とは体内から排出される水分の量が増えたり摂取する水分の量が減ることで体内の体液が正常値(大人は体重の約60%、子供は体重の約80%以下になったときの状態をいいます。

よく勘違いされやすいのが体内の水分が減った状態ではなく、体液だということです。

この体液とは具体的にいうと水分と電解質です。

電解質とはイオンなどのことをいい、これは細胞の働きに関わる大変重要な役割を担っているものです。

体内の水分が減ると、体の中の色々な部分の血流が減っていきます。

例えば、脳の血流が減っている場合は集中力がダウンします。

消化管の場合は食欲不振になります。

内臓の場合は、体内に必要な栄養素がうまく行き渡らなかったり、老廃物を排除する力が低下していきます。

電解質が足りなくなると、体液の濃い部分、薄い部分をあわせようとする浸透圧の調整が出来なくなります

また、筋肉細胞や神経細胞に影響がでて、体が痺れたり、動かなくなってしまいます。

脱水症状の種類

脱水症状には水分の不足、電解質の不足、どちらも不足している、と三つの種類があります。

低張性脱水

これは水分より電解質のほうが不足している状態です。

汗をかいて水分と電解質が共に減っている状態に、電解質が少ない水分を大量に摂取すると起きてしまいます。

口や喉の渇き、肌の乾燥などがあまり見られず、自覚症状として現れにくいという特徴があります。

頭痛や全身の倦怠感、吐き気を引き起こすことがあり、低血圧や脈拍が弱くなったりもするのです。

高張性脱水

これは低張性脱水と逆で、電解質より水分のほうが不足している状態です。

汗をかいたり発熱をおこし、水分補給を怠っている場合に起こります。

また自分で水分補給ができない赤ちゃんに多いようです。

症状としては口や喉が渇いたり、肌がカサカサになったり、食欲不振になったりします。

更に、意識が遠のき精神的な障害にまでなる事もあります。

腎不全や糖尿病の初期症状として表れる場合もあるので注意が必要です。

等張性脱水

これは水分と電解質が等しく不足している状態です。

嘔吐や下痢などで体液が一気に体外へ出たときなどに起こります。

頻脈、めまい、立ちくらみなどの症状が現れます。

口やのどの渇きがあるため水だけを摂取し、低張性脱水に変化しやすいので注意しましょう。

SPONSORED LINK

脱水症状の危険度

イエローカード

脱水症状の危険度は体重の減少度合いが目安になります。

体重の減少が1~2%の場合は隠れ脱水と言われ、あまり症状として認識しにくいが、のどの渇きや尿の量が少なくなったりしてきます。

3~9%の場合は頭痛めまい倦怠感など徐々に症状が出てきます。

10%を超えると高度の脱水状態で危険な状態になり、15%を超えると生命の危機にさらされます。

赤ちゃんの脱水症状

乳児や乳幼児は、大人と比べると体内の水分の割合が多く、体温調整機能も発達していないため、何もしていなくても汗をかいてしまいます。

またエネルギー代謝が活発なため、すぐに脱水症状になってしまいます。

まだ言葉もしゃべれない赤ちゃんは、それを大人に伝えられないので周りの大人達がそれに気づくしかありません。

赤ちゃんのサイン

・食欲がない

・眠りがち

・便秘気味

・目が落ち窪んでいる

・尿の量が少なく色が濃い

・皮膚が乾燥し、弾力性がない

・泣いているのに涙の量が少ない

・とても機嫌が悪く泣きやまない

・よだれの量が少なく口の中が乾いている

・熱がでているのに汗をあまりかいていない

などがあげられます。

これらは比べなければ分からない為、普段からどうなのかしっかりとチェックしてあげてください。

SPONSORED LINK

熱中症の治療と対策

治療

大人の場合は「脱水症状かな?」と思うような軽い症状の時は、スポーツドリンク(特にポカリスエットが電解質も補給しやすい)を飲んで、ゆっくりと休むことが大切です。

頭痛や吐き気など悪化した場合は、病院にいってしっかりと治療をしてもらいましょう。

赤ちゃんの場合は、経口補水療法というものがあります。

これは、経口補水液をスプーンで少量ずつ与えるというものです。

経口補水液とは水分と電解質が含まれていて体への吸収が早い飲み物の事。

有名なものはOS-1で、薬局などに売られています。

また家庭でも簡単に作ることができ、水1ℓにたいして塩3g(小さじ1/2)砂糖40g(大さじ4と1/2)を混ぜて完成です。

レモンシロップなどを入れると味もよくなり飲みやすくなります。

緊急時はコップ一杯の水に塩と砂糖を一握りずつ混ぜて飲ませてあげましょう。

与えるコツとしては、ティースプーンなどの小さな物で複数回に分けて飲ませてあげてください。

今回のまとめ

今回は脱水の症状や対策、赤ちゃんの脱水症状についてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

脱水症状は夏だけでなく冬でも起きてしまいます。

夏だけの症状ではないので身体に異常を感じたらすぐに病院に行きましょう。

仕事終わりに汗だくの状態で水分補給を怠り、そのまま寝てしまうなんてのは絶対に止めましょう。

更に眠っている間は大量に汗をかいてしまいます。

朝目が覚めて起き上がれない・・・なんて事になると大変です。

汗をかいたら、しっかりと水分補給を取るよう心がけましょう。

またポカリスエットは脱水症状にはとても効果があるのですが、緊急時ではなく、日常的に飲んでいると血糖値があがってしまいます。

普段の対策として飲む場合は、野菜ジューストマトジュースなどを飲んで予防しましょう。

 - 美容・健康 , ,