Catch Plus

CatchPlusは暮らしの中で役立つ情報をお届けします。

今年の十五夜はいつ?お月見の由来や日付、十三夜との違い

十五夜01

秋になると夜も涼しくなり、空も澄んでいてお月見日和になりますね。

でも何故か毎年違うお月見の日

どうして毎年日にちが違うの?そもそもお月見(十五夜)の由来は?

今回はお月見をもっと楽しむため、皆様に情報をお届けします。

▼十五夜と十三夜

十五夜の月は、旧暦8月15日。

十三夜の月は、旧暦9月13日。

それぞれの日に、月を鑑賞することを「お月見」といいます。

十五夜は、秋の真ん中に見れる月という意味で「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」とも言います。

近年では十五夜の日だけに、お月見をすることが多いです。

しかし、十五夜か十三夜の月どちらかしか見ない事を「片見月」と言い、本来は縁起が悪いとされているのです。

▼お月見の由来

十五夜というのは、元々中国から伝わってきたという説があります。

平安時代には、貴族が月を見ながら宴を開き、月の歌を詠んだそうです。

また月を直に見るより、船に乗り水面に映る月を楽しんだり、お酒を入れた杯に映る月を楽しむ、という形で楽しまれていたそうです。

江戸時代には、お月見は庶民にも伝わり、秋の収穫を神様に感謝する日として広まってきたそうです。

十三夜は、日本で独自に広まっていった行事とされています。

十五夜約一ヶ月後に見る月は、十五夜の次に美しいとされ、お月見をするようになりました。

秋は空が綺麗に澄んで、冬のように寒くないため、月見をするのに最適とされ長年続いた行事なのです。

SPONSORED LINK

▼お月見の日程

昔は、「太陰太陽暦」という月の満ち欠けで1ヶ月を数え、太陽の動きで一年を数える方法がとられていました。

それが明治時代に「太陽暦」という、太陽の動きに沿って365日を数える方法がとられるようになりました。

これが「旧暦」「新暦」です。

旧暦は一年が約355日だったため、新暦と時期がズレてしまうのです。

旧暦の日付で言われてもいつお月見をすればいいのかわかりません。

新暦での日程の早見表をご確認ください。

tukimi

ちなみに、十五夜・十三夜はお月見をする日であって、かならずしも満月というわけではないのです。

▼お供え物や風習

お月見の日はいったいどんなものを用意すればいいのでしょう?

お月団子

十五夜04

十五夜には15個十三夜には13個用意するそうです。

また、年の満月の数(通常なら12個・閏年なら13個)に合わせる場合もあります。

お月見団子はお米の収穫に感謝して、お米を丸めたのが始まりとされています。

お団子をピラミッドのように積み上げるのは、高さをだすことで神様のいる霊界と繋がり、感謝の気持ちが伝わるようにしていた為です。

ススキ

十五夜03

ススキには魔除けの力があるとされ、お月見のときに軒先に吊るすと一年間病気から守ってくれるそうです。

本来は収穫の感謝として稲穂を用意したかったのだが、お月見の時期に稲穂が無いため、代わりにススキをお供えするようになったのだそうです。

SPONSORED LINK

収穫物

十五夜02

その時期に収穫されたお野菜や果物も一緒にお供えして収穫のお祝いをします。

十五夜には、長芋・さつまいもなど。

芋類の収穫に感謝することから、十五夜は「芋名月」とも呼ばれています。

十三夜には、栗・枝豆などをお供えすることから、「豆名月」とも呼ばれているそうです。

また、ぶどうのように「ツル」があるものをお供えすると、月との繋がりが強くなり縁起がいいそうです。

お供え物は、しばらくお供えをしたら食べてしまって大丈夫です。

また、お野菜などは調理をしてからお供えをし、その後おいしく頂いてもいいのだそうです。

お供え物を食べることで、神様と強く繋がることができるといわれています。

むしろ感謝の気持ちを込めてお供えしているため、無駄にしてしまうよりは食べてしまった方が良いと思います。

▼地域によってお月見の風習は違う?

一口にお月見といっても、地域によって違いがあるようです!

たとえば、用意するお月見団子。

関東地域は、真っ白でまん丸いお団子ですが、場所によっては「あんこ」が入っているものと入っていないものがあります。

あんこも、「こしあん」「黄身あん」だったりと地域によって主流となるものが違います。

関西地域では、お団子の上にあんこを乗せたもの

四国地域では、お団子を串で刺してあんこで包んだ物

東北地域では、お団子ではなく、おまんじゅうを用意するそうです。

SPONSORED LINK

他にも、ご当地ならではのお団子でお月見をする地域もあるのだそうです。

この時期、お土産にお月見団子を買うというのも粋で面白いかもしれませんね。

また、玄関など外にお団子を置いて、それを近所の子ども達が食べて盗み食いをする、「お月見どろぼう」という風習もあるそうです。

お団子はたくさん盗まれたほうが縁起が良いと言われていて、子ども用にあえてお団子を外に用意するそうです。

▼今回の記事のまとめ

今回お月見について書きましたがいかがでしたでしょうか?

由来や起源なんて中々知る機会がないですよね・・・

今回の記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

お供え物を用意してまでお月見をするのは面倒くさいと思われるかもしれません

しかしお月見で大切なのは、日頃美味しいものが食べれることに感謝するということ。

型にキッチリはまらなければいけないという訳ではないのです。

お供え物をして、ゆっくり月を眺めながら美味しいお団子を食べて、秋の味覚を味わえることに感謝してみませんか?

 - イベント・行事 , ,