Catch Plus

CatchPlusは暮らしの中で役立つ情報をお届けします。

以外と知らないハロウィンの起源!カボチャや仮装の意味は?

ハロウィン1

一昔前まではあまり馴染みのなかったイベントのハロウィン

最近では日本でもイベントなど行い、定着しつつあるハロウィン・・・

今回は、ハロウィンについてご紹介したいと思います。

ハロウィンとは

そもそもハロウィンって何をするものなの?

もともとハロウィンとは、10月31日秋の収穫を祝う、又は悪霊を追い払う、そういった宗教的な意味合いのある民族行為なのです。

ただし最近では宗教的な意味合いは薄れ、カボチャをお化けの形にくりぬいたジャック・オー・ランタンといわれるものを飾り、仮装した子供たちがTrick or treat!といいながら近所をまわりお菓子を貰うお祭りになっています。

また大人や子どもに関わらず、仮装をして楽しむイベントになっています。

SPONSORED LINK

ハロウィンの起源

2000年以上も昔、ケルト民族の宗教の一つにドゥルイド教というものがありました。

その儀式の一つのサウィン祭が起源といわれています。

サウィン祭とは秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う祭りでした。

古代ケルトでは一年の終わりが10月31日とされていて、この日は日本のお盆のように死者の霊が家族に会いに来るといわれていたのです。

ただ日本のお盆と違い、精霊や悪霊も一緒に来てしまうと信じられていたのです。

その悪霊は家畜や作物に悪い影響を与えたり、子供をさらったりするといわれていました。

そこで悪霊たちを驚かせて追い払うために、仮面をかぶったり魔除けの焚き火をしたりしたと言われています。

そこから今の仮装をする習慣が生まれたというわけです。

ケルト民族は時代を経た後、キリスト教カトリック系の民族に侵略されてしまいます。

侵略したカトリック教は、異教徒の習慣を根絶せず、自分たちの宗教に取り入れていきます。

カトリック教は11月1日を聖者の日と定めていたため前夜である10月31日聖者の英語HallowからHalloweenと言われるようになったのです。

それがキリスト教の文化圏にだんだんと広がっていき、時代を経て今のハロウィンになったのです。

ジャック・オー・ランタン

ハロウィン2

ジャック・オー・ランタンとはオレンジ色のカボチャの目や口など形抜いてくりぬいていき、その内側にロウソクを立てて灯した提灯のことで、ハロウィンのシンボルとして有名です。

カボチャにはお守りとしての意味があり、カボチャの提灯は悪霊から守る番犬の役割があるそうです。

またカボチャのロウソクは日本のお盆のように親族の霊の目印という意味合いがあるそうです。

この提灯を作る風習は、イギリス地方が始めたことらしいのですが最初はカブを使って作っていたそうです。

それがカボチャを使うようになったのはアメリカに渡ったとき、アメリカにはカボチャがたくさんあったからだそうです。

ジャック・オー・ランタンの名前の由来はアイルランドの物語が由来だとよく言われています。

SPONSORED LINK

話を簡単にまとめて説明すると、昔ジャックという悪いことばかりする男がいました。

あるときジャックの前に悪魔がやってきてジャックの魂をとろうとしました。

しかしジャックは、悪魔をあの手この手で騙して悪魔にジャックの魂をとらないという約束をさせました。

そしてジャックが寿命で死んだとき、生前悪いことばかりしていたので天国にはいけません。

地獄にいこうとするとあのときの悪魔が現れ、お前の魂はとらないと約束したから地獄に連れて行けないといいました。

ジャックは悪魔から火の塊をもらいそれをカブの中にいれて提灯にし、天国にも地獄にも行けないままさまよい続けるというお話です。

この物語から、悪魔をだまして追い払ったジャックの象徴としてジャック・オー・ランタンがつくられたのです。

そうして時が流れ、悪霊を追い払うものとして使われてきたそうです。

Trick or treat

02

ハロウィンでは子供たちが仮装してTrick or treat!といいながらお菓子をねだるのですが、その習慣はアメリカから始まったといわれていますが起源はよくわかっていません。

色々説があるのですが、そのうちの一つに発音のよく似たトリック(イタズラ)トリート(お菓子)を語呂合わせの言葉遊びとして使用したという説があります。

意味としては「お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ」です。

このようにハロウィンには、元々宗教的な意味合いがあるのですが、日本ではイベントの一つとして楽しまれています。

皆さんもハロウィンは仮装したり部屋を装飾したりおいしい料理を食べたりして楽しみましょう。

SPONSORED LINK

 - イベント・行事 , ,